浜口 陽三(はまぐち ようぞう) 略歴 (1909-2000)


1909年和歌山県に生まれる。
1928-1930,1月まで年東京美術学校彫刻科に学ぶ。
1930年5月、パリに移住。 
サンパウロ、リュブリナ、クラコウなど各地のビエンナーレ展、版画展で受賞。
またノースカリフォルニア版画大賞展でグランプリを受賞。
カラーメゾチントの新しい技法を開拓し、世界的に活動。 
2000年12月逝去。



作品収蔵


ニューヨークメトロポリタン美術館、ニューヨークモダン美術館、シカゴ美術館、
英国美術館、フランス国立図書館、ワシントンDC国立美術館、日本ミュゼハマグチ等。

 



back

Home